医師免許なく研修医で1年勤務、福島・国見公立病院・各種資格について、資格取得に関するニュース、資格取得に関するブログなどなど

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医師免許なく研修医で1年勤務、福島・国見公立病院


医師免許なく勤務 研修医で1年 福島・国見公立病院
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070509-00000008-khk-l07

 医師国家試験に合格していながら、なぜ医師免許を申請しなかったんでしょうか。病院側は20回以上にわたって医師免許証の提出を求めたそうなので、その男性の方に、より責任があると考えます。まして申請していないのに「実家に置いてきてしまった」と言っていたらしく、明らかに嘘であり確信犯的です。医師としてはもちろん、社会人として怠惰で信用できないような人物に、今後も医師として働いてほしくないです。

 福島県国見町の公立藤田総合病院で、医師国家試験に合格しながら医師免許を申請していない男性(26)が昨年6月から1年近く研修医として勤務していたことが8日、分かった。病院での業務が診療行為と判断されれば医師法違反(無資格診療)となる。

 同病院によると、男性は昨年3月に医師国家試験に合格したが、医師免許を取得しないまま、同年4月から今年3月まで内科や外科などで指導医の下で働いた。さらに昨年6月から今年2月まで、県赤十字血液センター(福島市)の献血バスで、指導医が付かない状態で15回にわたり400人以上の問診を行った。同病院は血液センターを研修協力施設に指定していなかった。

 病院はこの間、20回以上にわたって医師免許証の提出を求めたが、男性は「実家に置いてきてしまった」などと話し応じなかった。免許を申請しなかった理由は明確に説明しなかったという。

 公立藤田総合病院の庄司光男院長は「免許を確認する基本的手続きを欠いた。患者に不安を抱かせ、申し訳ない」と謝罪した。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。