教育再生会議、学校選択制を拡大し競争原理導入へ・各種資格について、資格取得に関するニュース、資格取得に関するブログなどなど

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教育再生会議、学校選択制を拡大し競争原理導入へ


<教育再生会議>人気校には予算優遇 学校選択制を拡大
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070409-00000001-mai-pol

 よりよい教育を求めるための競争原理であれば、導入大歓迎です。優遇によって完全に堕落した一部の教師や現場を徹底的に改革していってほしい。その上で、優秀な教師や教育機関はより手厚く優遇してもらいたい。未来を担う子供たちのために。

 政府の教育再生会議は8日、公立の小中高校への競争原理導入を求める提言の素案をまとめた。行きたい学校を選べる学校選択制を拡大した上で学校予算を児童・生徒数を重視した配分に変更することで、人気校が優遇されるよう促す。同時に学校の統廃合の推進を打ち出し、人員や財源の効率化を求める。
 9日の同会議第1分科会(学校教育)に提示し、5月の第2次報告に盛り込むことを目指す。
 学校選択制は、市町村教育委員会による指定ではなく、保護者や子どもが通学先を決めるため、人気の高い学校に児童・生徒が集まる。学校予算は従来、職員数や設備に応じて配分されているが、再生会議は、児童・生徒数が多く集まる「人気校」に予算が手厚く流れる仕組み作りを促す。
 教員給与も現在は年功序列が基本だが、勤務評定に応じて現行水準の80~120%の幅に弾力化し、優秀な教員を処遇。教員の一般公務員に対する優遇を定めた人材確保法を改正し、教育予算に占める人件費引き下げを図る。【竹島一登】
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。