「あるある」捏造の検証番組に批判電話、誠実さがないなら意味ない・各種資格について、資格取得に関するニュース、資格取得に関するブログなどなど

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「あるある」捏造の検証番組に批判電話、誠実さがないなら意味ない


「あるある」捏造、検証番組に批判電話345件
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070404-00000403-yom-ent&kz=ent

 検証番組にもこのような批判が起こるほど重大な問題である、メディアの信用に関わる問題であるということを理解しているのでしょうか?なんでも同じでスが、反省と謝罪に誠実さが感じられなければ、何の意味もありません。

 「発掘!あるある大事典2」のデータ捏造(ねつぞう)問題で、3日夜、関西テレビがフジテレビ系の全国ネットで放送した検証番組「私たちは何を間違えたのか 検証・発掘!あるある大事典」について、4日午前零時までに、フジテレビに視聴者から240件、関西テレビに105件の苦情電話が寄せられたことがわかった。
 その大半が「なぜ、出演した制作スタッフの顔を隠すのか、音声まで変える必要があるのか」など、検証番組の制作手法を批判する内容。関西テレビには同様の電子メールも400件寄せられた。

 また、ビデオリサーチの調べで、番組の平均視聴率は関東地区で5・1%、関西地区では6%だった。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。