能登沖地震、揺れの加速度が阪神大震災上回る・各種資格について、資格取得に関するニュース、資格取得に関するブログなどなど

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

能登沖地震、揺れの加速度が阪神大震災上回る


能登沖地震、揺れの加速度が阪神大震災上回る
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070325-00000011-yom-soci

 とてもすごい揺れであったということでしょうか。どうか今後とも、お気をつけていただきたいです。

 防災科学技術研究所は25日夕、能登半島沖の地震で記録された揺れの最大加速度は、午前9時42分に石川県志賀町で観測された945ガルと発表した。

 945ガルは1995年1月の阪神大震災の際、神戸海洋気象台で観測された818ガルを上回る。

 近年の大きな地震では、2005年10月の新潟県中越地震の際に、同県川口町で2515ガルを記録。00年10月の鳥取県西部地震では、同県日野町で1135ガルの最大加速度が観測されている。

 ガルは地震の強さを示す目安の一つとして使われるが、あくまでも加速度だけを表現しており、揺れの継続時間は反映していないため、被害の大きさと直接結びつくわけではない。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。