[資格取得や大学受験のために] 「行列のできる法律相談所」で、別の漬物店のHP無断使用・各種資格について、資格取得に関するニュース、資格取得に関するブログなどなど

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[資格取得や大学受験のために] 「行列のできる法律相談所」で、別の漬物店のHP無断使用


<日テレ>「行列のできる法律相談所」でHP無断使用
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070324-00000039-mai-soci&kz=soci

 最近のテレビ番組は、まったくひどいもんです。

 日本テレビ系の番組「行列のできる法律相談所」が、京都市内の漬物店の商品を紹介した際、別の漬物店「池西」(京都市北区)のホームページ(HP)に掲載された漬け物の材料「すぐき菜」の写真を無断で放映していたことが分かった。番組には著名な弁護士4人が出演し、身近な問題を題材に法解釈を披露しているだけに、同店店主の池西芳郎さん(46)は「法律を扱いながら、著作権に対する意識すらないのか」とあきれている。
 問題の番組は「紳助と行くとっておき裏京都の旅スペシャル」と題した回で、今月18日に関東や関西などで放映された。タレントの島田紳助さんや弁護士らが京都の料理店や漬物店などを巡るコーナーで、ある漬物店の商品を紹介した際、作り方のナレーションと同時に池西のHPに掲載されたすぐき菜の写真を放映した。写真はトレーサビリティー(生産履歴管理)などのため池西さんが撮影したものだが、使用について日本テレビからの事前連絡はなかったという。
 すぐき菜は、伝統京野菜の一つ。池西さんは親せきの栽培農家から直接仕入れており、HPでもそうPRしていた。そのため、番組を見た顧客の料理店から「紹介された店も同じ材料を使っているのか」などと問い合わせが相次いだという。
 池西さんは「すぐき菜をどの農家が作っているかということも、漬け物の味を決める重要な要素だ。番組によって、紹介された店の漬け物と混同され、池西の商品の価値に影響する恐れがある」と憤慨。同日中に番組関係者に電話で抗議した。
 日本テレビ総合広報部は「現在、当事者間で交渉を行っているので、詳細については回答を控えさせていただきます」としている。【田村晃一】
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。