[資格取得や大学受験のために] 警察官の仕事は善良な市民の生活を脅かす事ではない、と思いたい・各種資格について、資格取得に関するニュース、資格取得に関するブログなどなど

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[資格取得や大学受験のために] 警察官の仕事は善良な市民の生活を脅かす事ではない、と思いたい


警察官が携帯店で怒鳴り「営業妨害」、同僚も肩持つ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070321-00000313-yom-soci&kz=soci

 もういいかげんにしてほしい。怒りを越えて嘲笑でしかない。
 「電池の持ちが悪い。」とどなった→そりゃやつあたりだ。
 声を荒らげたため他の客は帰ってしまった→自分ではずかしくないか?
 約8時間にわたり居座った→ひま過ぎる、仕事は?また税金の無駄遣いか?休日だとしたら他にすることないのか?いずれにしろトホホだ。
警察官の仕事は善良な市民の生活を脅かす事ではない、と思わせてほしい。

 私服の警察官が携帯電話販売店を訪れ、電話機の無償交換を求めた際、店員をどなるなどして約8時間にわたり居座った上、通報で駆けつけた同僚も、顔見知りの警察官の身元を隠そうとしていたことが21日、分かった。


 警察官は、北海道警釧路署の男性署員(32)。同署幹部は店に謝罪したが、「事実は把握しているが、調査中」として氏名などを公表していない。

 この署員が居座った釧路市内の携帯電話販売店の経営者(32)によると、署員は18日午前11時ごろ、私服で来店し、「電池の持ちが悪い。新品に交換しろ」とどなった。署員はいったん引き揚げ、午後2時半ごろ、再び来店したが、携帯電話に保存していた写真などのデータを移すことができなかったことから、「まだできないのか」などと激高。さらに声を荒らげたため、他の客は帰ってしまったという。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。